■ あ行 ■ か行 ■ さ行 ■ た行 ■ な行 ■ は行 ■ ま行 □ や行 ■ ら行 ■ わ行

■ 藪の中
Hattari

デザイナー : Oink Games
販売 : Oink Games(2011)
プレイ時間 20分
プレイ人数 3〜4人
面白さ - ★★★★
中毒性 - ★★
複雑度 - ★★★
内容物 - ★★★
芥川龍之介の同名の短編をボードゲームにしたもので、その推理できなさを見事に再現している。
ブラフあり推理ありで大抵は最後のプレイヤーを嵌める事が多いが、第1発見者が失態を犯すこともあって面白い。
■ 酔いどれ猫のブルース
Katzenjammer Blues

デザイナー : Reiner Knizia
販売 : NEW GAMES ORDER(2013)
プレイ時間 30分
プレイ人数 2〜6人
面白さ - ★
中毒性 - ★
複雑度 - ★★
内容物 - ★
手札を使っての競り+手札のセットコレクション という複数メカニクスをシンプルに纏め上げたカードゲーム。

1998年のレアゲームを日本語化したものですが、フレーバーテキストが日本語になってるだけで言語依存はないという物だったり。
あまりにもシンプルすぎて手札が多いほうが有利、なんて感じる人は、競り前にの手札上限をつけたりネズミの数を減らすとよいかも。